とっぷがん厩舎。一口馬主ライフ

目標は1、G1での口取り。2、武豊騎手との口取り。3、愛馬のぬいぐるみ発売され購入。

グレナディアーズ初の古馬戦青梅特別は3着まで

      

一口馬主 ブログランキングへ

 

 グレナディアーズ

6/22  音無厩舎

22日の東京競馬ではまずまずのスタートから前目を追走し、直線でもしぶとく伸びたが後ろから来た馬に交わされ3着。「ゲートはしっかり対応してくれましたが、むしろ良すぎたかなと思えるほどでした。かかってコントロールが利かないと言うことはないのですが、やはりテンションが高かったですし、道中は内から馬が近づいてくるとそれに反応して外に逃げる格好をしていましたから、やはり気持ちの面でもう少し余裕がほしいですね。また、左回りがダメと言うことはないものの、走り自体は右回りの前走のほうがスムーズだったように感じました。今日は結果的にいいペースで流れる中で後ろの馬にマークされていて正直きつい競馬ではあったと思うんです。それでも、メンバーが揃っている中で終いまで頑張って伸びようとしていますから、やはり力はありますね。パワータイプなだけに今日は馬場も味方にはなりませんでしたし、それ次第ではまた違ったと思います。ここはキッチリと勝ちたかっただけに結果を残せず申し訳ありません」(北村友騎手)「東京への長距離輸送でしたし、元々の気性もあってチャカチャカしたところはやはりありましたね。それでもゲートや競馬の中で極端に悪さをすることはなかったので良かったです。スタートが良すぎたこともあってか前に馬を置けなかったですし、もう少しでも溜めるところがあれば良かったのですが…。いい結果を出すことができず申し訳ない気持ちですが、それでも勝ちにいった競馬で、相手を考えても楽ではない中で踏ん張っていますし、力は示してくれたと思います。この後は放牧に出して心身のリフレッシュを促しますが、今回は東京競馬場からNF天栄に出させていただく予定です。そこでの状態次第にはなりますが、次は新潟に向かうことを含め考えていきたいですね」(音無師)今日は初めて古馬との競馬になりましたが、前走の内容からも期待のかかる一戦でした。結果は悔しいものになってしまいましたが、流れや馬場状態も向いたとは言えませんし、決して悲観する走りではなかったと思います。引き続き気性面など課題はありますが、まだこれから良くなってくれる面もあるでしょうから、少しずつレベルを上げていきたいものです。この後は放牧を挟む予定ですが、放牧先での状態を見ながら次をどうするか判断していきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

馬場も展開もむかなかったかもしれませんが、現状ではその状態で勝ちきるほど

 

強くありませんでした。

 

前走から特に良化も見られず平行線ならしょうがない結果だと思います。

 

成長を見せて次がんばってほしいです。

 

f:id:topgun1:20140625031208j:plain

 

   

本ブログはキャロットクラブ&東京サラブレッドクラブより許可を得て記事、画像を転載しております